• ホーム
  • 声ものや薄くモヤモヤしたものなどシミの症状は一人一人異なる

声ものや薄くモヤモヤしたものなどシミの症状は一人一人異なる

シミの症状に悩んでいるという方は多くいるものの、実は悩みの状況は人によって異なることがあります。同じようにシミと分類されるものでも複数の種類があって、症状は異なるのです。そのためシミに悩んでいるという場合には、まずは自分の症状がどのようなものなのか整理するのがポイントの1つです。

多くの人を悩ませるシミとしてあげられるのが、日光黒子と呼ばれるものです。日光性黒子や老人性色素班と呼ばれることもあり、主な原因は紫外線を浴びることです。淡褐色~濃褐色の色素班で、顔だけではなく手や前腕などの露出部に多くできることからも知られています。中年以降の方に多く見られる症状で、紫外線を浴びる機会が多い人にできやすいという特徴があげられます。

ソバカスと呼ばれることも多いシミが雀卵斑です。直径数ミリ以下の丸い斑点のような顔に生じる茶褐色の小さな斑点ですが、3歳ごろから思春期の時期に目立つという方が多くなっています。遺伝性のものですが、成長とともに目立たなくなるというケースが多くなっています。

一方でやけどやニキビなどによる肌の炎症が治った後に、褐色のシミができることがあります。これが炎症後色素沈着と呼ばれるものです。年齢や性別に関係なくできるものですが、時間が経てば薄くなることが多いというのも特徴の1つです。やけどやニキビの跡があるなら、その後の色素沈着に注意するようにしましょう。そして女性の顔に多く生じるシミの症状で注意が必要になるのが、肝斑と呼ばれるものです。女性ホルモンが関連して発症すると言われるもので、紫外線によっても悪化する可能性があります。30~40代の女性に特に多い症状で、左右対称で目の周りを避けて出現するという特徴もあげられます。

実際にシミができる症状や原因というのは、人によって異なります。ここでポイントになるのが、症状などの違いによって対処方法も異なってくるという点です。自分の原因を考慮したうえで、適切な形で解決できるようにしましょう。

また不規則な生活習慣を続けている場合、シミができやすい環境を作っているかもしれません。生活習慣に問題があるならば、薬を使った治療で一時的に改善しても問題が再発しやすくなります。再び問題が出ることがないようにするためにも、不規則な生活習慣は改善していくようにしましょう。例えば睡眠は、肌のターンオーバーを正常に行えるようにしてきれいな肌を保つためにも重要な要素です。